会社の管理を行っておくことで良い環境が出来ます~理想会社への道~

効率化で変わる

ワークフローと呼ばれる概念は、製造業の効率化を目指し始めた頃に誕生しました。その頃は手作業で効率化に努めていましたが、現在ではコンピュータを利用するようになっています。パソコンが普及した事で、ワークフローのソフトウェアも増えたからです。 企業で行われている業務は、必ずしも最適とは言えません。なぜなら年月が経過すれば業務内容が、少しずつ変質を遂げるからです。動きの悪くなった機械に油を差す必要があるように、企業も定期的なメンテナンスが必要になります。 パソコンに導入されるワークフローのソフトが、保守作業の助けになる事は間違いありません。現状行われている業務を論理的に説明できれば、改善に必要なポイントが見えてきます。

しかしワークフローのシステムを導入するに当たって、注意すべき事があります。それはワークフローの改善方法についてです。ワークフローが目的としているのは、企業全体の改善であって特定の部署ではありません。それを履き違えると企業の業務効率が悪化する恐れがあります。 例えばワークフローがよく用いられる場面は、総務や経理が担当する内部統制です。この内部統制は企業全体をより良くするために行われます。よって業務の担当部署の効率化に努める事が目的ではありません。担当部署の効率化だけを目的とした場合、別の部署にしわ寄せがいく事があります。それが企業の効率化に繋がるかは不明です。つまりワークフローを見直す時には、全体を見下ろす俯瞰的な視点が必要です。